体のお悩み抜け毛の悩みは育毛アドバイスの『SINPAI MU-YOU』

☆〜毛の悩み、育毛ケア、発毛促進、抜け毛予防、育毛剤、体の悩みのことなら早めの予防をアドバイスする当サイト『SINPAI MU-YOU』をご利用下さい〜☆

※注意事項:当サイトは「IE」と「FireFox」のブラウザでの展開を推奨致します。

最終更新日:2014/10/2

育毛剤、どれを選ぶか?

育毛剤と言うのは本当に効くか?

育毛剤は本当に効くのですか?残念ながら、絶対に効く育毛剤と言うのは現在存在していません。
何せ『ハゲと水虫を治せる薬が出来たらノーベル賞』と言われているくらいですから。
うわさによると、使用したほとんどの人に髪の毛が生える育毛剤が実際にあるそうです。
ですが、使用した人のほとんどにガンを誘発する副作用を併せ持っているため、この世から封印されてしまったとのこと。
命と引き換えにしてまで髪の毛を増やしたいと思う人はいないと思います。
しかし多少の出費は仕方ないものとして、たとえ効くかどうか分からなくとも、頼りにしてしまうのが育毛剤ですよね。
とことんハゲが進行して、どうしようもなくなった時には、カツラにするか植毛手術を受けるかあるいは潔く開き直ってハゲとして生きる道を選ぶかの選択を迫られることになります(人によっては早い段階で自毛再生への望みをあきらめ、それらの方法や生き方を選ぶ人もいますが、自毛再生の努力が徒労に終わる可能性を考えれば賢い選択と言えるかもしれません)。
その選択の時まで、大抵の人は色んな育毛剤を次から次に試すことになります。
私自身も、大手メーカーの有名俳優がCMに出てる爽快感が売りのジェット式育毛剤に始まりましたが、ぜんぜん「成功」せず、それからは様々なメーカーの製品や外国製育毛剤を渡り歩いていました。
薄毛の克服、自毛の再生を願う私達にとって、育毛剤が本当に効くかというのは最も気になるところです。
多くの育毛専門家は完全な自毛再生は望めないとしても、少なくとも薄毛の進行を食い止めるのには有効だと言います。
薄毛になる前に、あるいは薄毛を意識し始めた初期に、適切な処置をとる(育毛剤を使う)ことが大切だと言います。
また、定められた用法の通りに継続して使用することが、育毛剤の本当の効果を知るには大切なようです。
本や広告で目にする、育毛剤の使用前後の効果写真を見ても、私達が心の中でほんとに望んでいる毛髪の再生にはほど遠いのが現状です。
育毛剤メーカーが言う育毛剤の有効性には、当然の事ながら産毛が生えたくらいのものでも含まれています。
経験的に私達は、だれが塗っても絶対に生えるという育毛剤がないことを知っています。
私も、今までハゲた人が完全にフサフサ状態になったというのを見たこともありませんし、未だかつて聞いた事もありません。
そのため、一方ではわらにもすがる思いで育毛剤を使いながら、もう一方では、どうせたいした効果は期待できないと思いながら使い続けている人がほとんどだと思います。
しかしどんなに効く良薬でも、効かないと思って飲めば本当に効かなくなるもの。
反対に砂糖を丸めた偽薬でも効くと思えば本当に効いてしまうものです。
やはり、育毛剤を使用する場合も、「効くと信じて使い続ける」ことが一番大事でしょう。


育毛剤成分の種類

自分に相性の良い育毛剤を見つけること。
そのためには、自分の薄毛の原因を探ることが第一の課題となります。


育毛剤のほとんどには、複数の育毛成分が含まれていますが、育毛成分はその作用によって次のように分類されます。

血行促進

毛細血管を拡張することにより血流量を増大させ、毛乳頭への栄養補給を多くすることで毛髪の成長を促す。
ほとんどの育毛剤に含まれる成分。
セファランチン、ニコチン酸、塩化カルプロニウム、トウガラシチンキ、ビタミンE(酢酸トコフェノール)、ミノキシジル、ニンニクエキス、センブリエキス、タンジン、センキュウ、サンショウ、オウギ、カンキョウ、コウカ、トウキなど

男性ホルモンの活動抑制

毛母細胞の分裂を鈍くする男性ホルモンの活動を抑制するもの。
エチニルエストラジオール、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロールなど

皮脂の抑制・除去

脱毛を促進する過剰に分泌された皮脂を除外したり、皮脂腺の活動を抑制する。
オドリコ草、カシュウなど

毛母細胞・毛根細胞などの活性化

毛母細胞や毛根細胞に直接働きかけて、その細胞分裂を活性化するもの。
パントテン酸カルシウム、ペンタデカン酸グリセリド、ミノキシジル、チクセツニンジンなど

殺菌

発毛に影響のある雑菌の繁殖を防ぐ。
ヒノキチオール、イソプロピルメチルフェノールなど

保湿

頭皮の乾燥を防ぎ柔軟にすることで発毛環境を整える。
アロエエキス、プラセンタエキス、トレハロース、メイグイファなど

その他

新陳代謝の活発化、フケの防止、頭皮のかゆみ防止、栄養補給、皮膚の強化など


有名メーカーの育毛剤

日本ではブームになって多くの人が使用した育毛剤でも、ブームが去るとほとんど目にすることも無くなり、「あれは効かない」といったマイナス評価のみが残る傾向が強いようです。かつて大流行になった中国製の101も日本ではそうですが、アメリカでは今も有効な育毛剤のひとつとして売られつづけています。
髪の毛を維持するのか、髪の毛を復活させるのか。目的によって自分に合う育毛剤は異なりますが、いずれにしても自分にとってベストの育毛剤を早く発見することが大切です。そのためには、薄毛の原因を正しく認識すること、正しい使用方法で最低半年間位は継続して使用することが条件となります。

Valuable information

最終更新日:2015/4/9


育毛剤を探すならグーグルで!!

WWW を検索
sinpai.org内 を検索
育毛・発毛、抜け毛対策の的確なアドバイスなら抜け毛予防の『SINPAI MU-YOU』へ│コピーライト