体のお悩み抜け毛の悩みは育毛アドバイスの『SINPAI MU-YOU』

☆〜毛の悩み、育毛ケア、発毛促進、抜け毛予防、育毛剤、体の悩みのことなら早めの予防をアドバイスする当サイト『SINPAI MU-YOU』をご利用下さい〜☆

※注意事項:当サイトは「IE」と「FireFox」のブラウザでの展開を推奨致します。

Last update:2014/10/2

事前にチェック、抜け毛対策

男性型脱毛症について

男性型脱毛症とは男性特有の抜け毛で、頭頂部や生え際が薄くなっていきます。
ヘアケア製品や食生活、DHTホルモン等が原因で徐々に抜け毛・脱毛が進行していきます。
女性の抜け毛(脱毛症)と比べ、男性は範囲が広範囲に渡るのが特徴です。
男性の抜け毛(脱毛症)の8割以上は、男性型脱毛症となります。
頭頂部からの抜け毛の進行に比べ、額からの抜け毛の進行は改善期間に時間がかかるので早めの対処が必要となります。

男性型脱毛症が発症する年齢は幅広く、早ければ10代で発症すると言うケースもあります。
若年性脱毛症と呼ばれる事もあり、精神的にもかなりのストレスを感じます。
若いから安心だよ!と思わず、ヘアケアの見直しをお勧め致します。

日本人男性の脱毛症で90%以上は男性型脱毛症です
30歳以下の男性でも、約30%は男性型脱毛症になっていると言われています。

男性型脱毛症かな?と思ったら以下をチェックして下さい。

1.最近、頭頂部や生え際が薄くなってきた。
2.最近、髪が細くなってきた。(産毛のようになってきた)
3.最近、抜け毛が増えた。
4.最近、髪にハリがなくなってきた。
5.最近、髪の長さが5cm以上あるが頭皮が透けて見える。

上記のチェック項目に全て当てはまった場合、頭皮を弱酸性の健康な状態にして毛髪の生えやすい環境にする必要があります。

男性は20歳、女性は30歳を超えたあたりから、髪は少しずつ細くなって行きます。
そして60歳を超える辺りから、毛母細胞の老化により全身の体毛が薄くなるのですが
これを老人性脱毛症と言います。

しかし個人差もあり、60歳を過ぎてもほとんど変化のないフサフサの方もいらっしゃいます。


色々な抜け毛対策

抜け毛が増えて髪が薄くなっても、絶対に諦めてはいけません
髪を生やす方法はいくつかあります。
身体的なリスクが必要な物もあれば、少し時間のかかる方法もあります。

その1:頭皮に刺激を与える方法

頭の頭皮を刺激をする事で、髪は一時的に生えやすくなります。
しかし持続は難しく、生えたとしても産毛で終わる事が多い方法です。
ブラシで頭をコンコン叩く方法は間違った方法になりますのでご注意を。

その2:降圧剤により血管の収縮を利用する方法

ミノキシジル等を配合する事により、血管を収縮させ髪を生やす方法です。
欠点は身体的なリスクがある事です。
間違った使用方法をすると大変な事になる場合もありますので、注意が必要です。
使用を止めると髪の状態は元に戻ります。

その3:頭皮を弱酸性に整える方法

頭皮を弱酸性に整える事で、新生毛の生えやすい状態にする方法。
育毛を始めとするヘアケアの基本で、絶対に外してはいけない方法です。
時間がかかる変わりに、発毛につながった場合に髪が育つ確立が高い。

抜け毛対策で1番大切なことは、「頭皮を弱酸性の健康な状態にする」事です。
どんな物、どんな方法で育毛をするとしても、頭皮環境が整い良い状態でなければ成功しません。
畑の土が良ければ良い作物が育ちやすく、海水がキレイなら魚がたくさん住める。
それと同じで、頭皮も土台が大切なのです。

その為には、無添加でアミノ酸系のシャンプーを使用して下さい。
安価なものには弱酸性剤といって、アルカリ性の製品を無理やり弱酸性にする添加物が配合されている事がありますので、頭皮、髪に改善が見られなければ、シャンプー製品を変えて下さい。


抜け毛対策の洗髪方法

シャンプーは髪の汚れを落とすことだけが目的ではありません。
頭皮をマッサージすることでリラックスし心を休ませます。
心がリラックスすると頭皮の血行がよくなり抜け毛対策になるだけでなく、顔の肌もリフレッシュしてイキイキしてきます。

【1】ていねいに髪のもつれを取り、軽くブラッシングすることでホコリを除きます。

【2】シャワーで髪と頭皮の汚れをよく洗い流します。

【3】シャンプー剤は直接頭皮につけず、手のひらにとって少しお湯を足し、よくあわ立ててください。

【4】指のハラを使ってジグザグ洗い泡立てたシャンプーは、まず頭頂部から全体に行きわたらせます。
頭皮は指のハラでマッサージするように洗います。
絶対に強く擦らず柔らかくマッサージする様に頭皮を洗浄して下さい。

【5】すすぎは充分に頭皮にシャンプー剤が残らないように充分に洗い流します。
髪をかき分けてシャワーのお湯を頭皮にあててしっかりすすぎます。

【6】トリートメントの前に軽く水気を切ってからつけましょう。
髪の痛みの気になる部分からつけて全体に伸ばしますが、頭皮にはつけないように気をつけましょう。

【7】トリートメントやリンスもしっかりすすぎましょう。
トリートメントやリンスはシャンプー同様しっかりすすがないとフケや肌荒れの原因になります。

【8】タオルドライはこすらずに髪同士の摩擦も髪を傷めたり抜け毛の原因になります。
タオルで軽く押さえて水気を取り、寝る前にはドライヤーで完全に乾かしましょう。


抜け毛予防

抜け毛に悩まない為には、早い段階から抜け毛対策をしておくと安心です。
少しでも抜け毛に対するリスクを減らしましょう。

抜け毛対策の基本は、日頃のホームケアがとても大切です。
慣れるまでは大変ですが、数年後の頭皮にかなりの差が付きます。

抜け毛対策1:シャンプーの洗い方

皆様はどうやって、シャンプーをしていますか?
おそらく、ゴシゴシしっかりと洗っていると思います。
その洗い方は止めてください。
優しく洗っても、汚れはしっかり落ちますので。
間違えても頭皮に爪を立てたりしないで下さいね。
指の腹でやさしく、揉みこむように洗うのがベストな洗い方です。
抜け毛対策にはシャンプーも大切ですが、洗い方も大切なのです。

抜け毛対策2:頭皮のマッサージ

頭皮マッサージは抜け毛に良い』と1度は聞いた事があると思います。
本当に良いのでしょうか?
実は、抜け毛対策としてはかなり良い方法です。
お金もかからないし、これはお勧めです。
しかし例外もあります。
銭湯に行くと、まるで「怒ってるの?」と思うほど自分を戒めるかのように、ブラシでバシッ!バシッ!と頭を叩いている人を見かけます。
あれは、大きな間違いです。
確かに、あの方法でも頭皮を刺激して、一時的に産毛が生える事もありますが長続きはしないのです。
効果のある頭皮マッサージの方法はお風呂上りの頭皮が温かいうちに、指の腹、手の平で頭を包み
揉んであげると良い効果を得ることができます。


育毛剤を探すならグーグルで!!

WWW を検索
sinpai.org内 を検索
育毛・発毛、抜け毛対策の的確なアドバイスなら抜け毛予防の『SINPAI MU-YOU』へ│コピーライト